成美学園グループ
あさひ翔洋学園

TEL:0479-62-3030
住所:千葉県旭市ロの679-1

校長メッセージ

開校2年目の「あさひ翔洋学園」、平成30年度がスタートしました。
本年度も、「認めて・引き出して・応援する」の学園指針の下、生徒のために、生徒の夢の実現のために全職員で応援していきますので、皆さんのご理解・ご支援をお願いいたします。
また、残念ながら、まだ「あさひ翔洋学園」は地域での認知度が低い現状があります。不登校で進学等に悩んでいる方、また、高校在学中だが進路変更を検討している(転校等)方など、いましたら、ぜひお電話をください。また、お立ち寄りください。ご相談に乗ります。一緒に考えていきましょう。
さて、学校のPRから入ってしまいましたが、本年度の「あさひ翔洋学園」の目指す教育・生徒像(成長した姿)を紹介します。平成30年度のスタートにあたり、皆さんにこうなってほしいということを2つお話します。

1つ目は、「自分を好きになる、自信を持ってほしい」ということです。
突然ですが、皆さん、自分の長所は何ですか?自分の短所は何ですか?
どうでしょう、たぶん自分の短所のほうが多く浮かんだ人が多いのではないでしょうか。日本人はよく謙虚で、温和な人が多いと言われますが、逆にややネガティブで、劣等感を持ち、自分が嫌い、好きになれないところがあると思っている人が多いことも事実のようです。でも、皆さんは、昨年度1年間此処で懸命に学んだ人、また今年度新たな学習の場として本校を自ら選んだ人等様々ですが、全ての皆さんが此処で今年1年間学ぼうと決意したのです、自分の居場所を決めたのです。ですから、こういう自分を褒め、好きになり、そして、自分に自信と誇りを持ってください。加えて、何をやるにも、考える時も、悩むときもポジティブに、プラス思考で取り組み、自分自身の大きな成長につなげていきましょう。

2つ目は、「夢を持つ、目標を持つ」ということです。
数年前、ある小学校の5年生を対象に、東日本大震災の復興支援事業の一環として「スポーツ笑顔の教室」が開かれました。
ある小学校では、車椅子バスケットボールでオリンピックに出場した京谷選手、元日本ハムファイターズで活躍した岩本選手、J1柏レイソルで活躍したプロサッカー選手のフランサさんが講師としてきてくれ、その時に3人の選手が共通して言っていたことは、「夢を持って生きていくことの大切さ」でした。
夢を持つことで、生きる力と生き甲斐が生まれます。そして、生きることが楽しくなります。
また、人生は生きる道の選択です。その道の選択・実現に当たっては、やはり、しっかりと夢と目標を持ち、思い続け、やり続けるしかありません。
この1年間、夢と目標を持って、その夢と目標の実現・達成を目指しましょう。

校舎リーダーメッセージ

「自分が変われば周りも変わる」

皆さん、初めまして、あさひ翔洋学園 校舎責任者の中嶋です。

私がこの成美学園グループで勤務するようになってわかったことがあります。それは、「自分は変われるんだ」ということです。初めは自信が持てなかったり、上手くいかないとすぐに自分の殻に閉じこもってしまう。。。そんな生徒が卒業式の頃には見違えるように立派になり、たくさんの笑顔に包まれていました。その生徒は、自ら変わろうといつも頑張っていました。それを見ていて私は、「自分が変われば周りが変わる」のだということを学びました。
このホームページを見た皆さんに是非伝えたいことがあります。何かの縁でこのページを見たということは、きっと自分の中で変わりたいという気持ちがあるのだと思います。それはきっとこれからの自分にとって大切なことだと思います。ぜひ、このあさひ翔洋学園に来て、自分が変われる瞬間を体験しませんか?

学園施設・設備

通信制の高校卒業資格は全日制の高校卒業資格と一緒です!

成美学園高等部

成美学園グループでは、教育連携の通信制高校に入学します。
高校卒業に必要な単位取得に向け本校は全力でサポートします。
高校卒業資格は今後の人生に役立つ重要な資格の一つです。
自分らしく夢に向かう人
自分らしい生き方を求めている人
通信制高校は普通じゃないという時代は終わりです。