成美学園グループ
なりた翔洋学園

TEL:0120-445-388
住所:千葉県成田市不動ヶ丘2158-4 マルセイビル

校長メッセージ

人には、60兆個の細胞があると言われています。それぞれの細胞には、30億の情報が遺伝子として含まれています。しかし、DNA解明の世界的権威・筑波大学名誉教授である村上和雄氏は、「これらの遺伝子のうち、実際に働いているのはわずか5%であり、その他の部分がどうなっているのか良く分かっていない。つまり、まだOFFになっている遺伝子が多く、心のあり方で遺伝子の働き方が違ってくる可能性がある。」と言っています。これは、今までがダメだったからと言って、これからもダメだなどとは、とても言えないことを暗示しているのです。眠っている遺伝子のスイッチをONにすることさえできれば、今までと全く違った生活ができるようになるのです。

実は、私自身が、そのONになった瞬間をいまでも鮮明に覚えています。中学校の時に、クラスで下から2番の成績に甘んじていた私の遺伝子スイッチをONにしてくれたのは、同級生のT君でした。彼のお陰で、高校、大学と進み、教職に就きました。印旛郡市内の中学校・高等学校の教諭・教頭・校長として、定年を迎えました。しかし、やり残したと思うことが、いくつかあります。

そのひとつに、県立高校の教頭時代に、高校生に対して授業ができなかったことがあります。もう一つは、不登校生や学習に困難を感じている生徒を、校長として助けきれなかったという思いがあることです。本学園では、そのどちらの願いも叶えることができる可能性を感じています。

今まで不登校だったから、これからも不登校を演じなければならないか?
今まで勉強ができなかったから、これからもそのままで生きていかねばならないか?

「いいえ」と思えるならば、本学園を訪ねてみて下さい。自分の遺伝子のスイッチがONになる瞬間を、ぜひ、一緒に体験しましょう。

校舎リーダーメッセージ

「”自分の変化”を実感できる学園」

「高校生活に望むこと」は何か。私達の学園では、入学時に必ず確認します。

『自分を変えたい』。中学生達の多くはこう書きます。本当に変わることが出来るのかどうかという不安を持っている方々も少ないでしょう。しかし、なりた翔洋学園では登校初日で直ぐに自分の変化を感じる事ができるでしょう。変われるきっかけが沢山散らばっている学園なのです。私達職員は、そのきっかけを一緒に探すお手伝いをしていきます。

中学校時代、1日も登校出来なかった生徒が毎日通っています。何かに夢中になる事が出来なかった生徒が文化祭のステージに立ち、大勢の人の前でバンド演奏をしています。自分を変えたいという思いが現実になるのです。自分が変われる瞬間を、なりた翔洋学園で一緒に実感してみませんか?

学園施設・設備

通信制の卒業資格